平成29年度子育て施設木のぬくもり推進事業のご案内(2017.4.25更新)

組合員各位

大阪木材仲買協同組合

前略 今年度も大阪府では木材利用の推進を図るため「子育て施設木のぬくもり推進事業」が実施されますので詳細につきましては、下記ホームページをご確認下さいますようお願いします。

大阪府のホームページはこちら

なお、上記事業につきましてご質問などございましたら、大阪木材仲買協同組合 事務局 大町までお問い合わせ願います。

 

 

組合員各位

 

大阪木材仲買協同組合 事務局

 

府木連より下記の内容の情報提供がありましたのでご案内申し上げます。

 

 

講習会「木造回帰が切り拓く建築の未来」開催のご案内

 

来る3月30日(木)に府木連主催で下記のとおり講習会が開催されます。
参加ご希望の方は、別紙チラシ・申込書によりお申込み願います。

 

 

1. 主 催:(一社)大阪府木材連合会  / 共 催:公社)大阪府建築士会


2.  日 時:2017年3月30日(木)13:00~20:00


3. 会 場:日本綿業倶楽部 綿業会館 新館7階大会場
大阪市中央区備後町2-5-8

 

4. 申込み:申込書に必要事項を明記のうえ、大阪府木材連合会宛に
FAX06-6531-9184にてお申込み願います。チラシ・申込書はこちら

組合員各位

大阪木材仲買協同組合 事務局

府木連より下記の内容の情報提供がありましたのでご案内申し上げます。

神々の国しまねの木 展示・商談会2017 開催案内

来る1月26日(木)に「神々の国しまねの木 展示・商談会2017が開催されますので、参加ご希望の方は下記の内容、並びにチラシをご参照くださいますようお願い申し上げます。

 

1.日  時:平成29年1月26日(木)10:00~16:00

2.場  所:大阪会館(大阪市中央区本町4-1-52)

3.内  容:島根県産木材製品の展示・商談会

4.出展者 :島根県内の製材所等15社

 

※なお、詳細についてはチラシをご参照願います。チラシはこちら→神々の国しまねの木展示・商談会のご案内(2017.1.26)

(2016.12.26更新)

組合員各位

大阪木材仲買協同組合

国際的な経済社会情勢の変化に対応し、足腰の強い経済を構築するため、経営力向上に資する革新的サービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善を行うための中小企業・小規模事業者の設備投資等の一部を支援する「革新的ものづくり・商業・サービス開発支援補助金(平成28年度補正)」公募のご案内が大阪府中小企業団体中央会を通じてありました。

詳細につきましては、別紙チラシをご参照願います。
なお、受付期間は平成28年11月14日から平成29年1月17日(火)まで(当日消印有効)となっております。

チラシはこちら→img-Y28100132
(2016.11.28更新)

組合員各位

 

大阪木材仲買協同組合 事務局

 

府木連より下記の内容の情報提供がありましたのでご案内申し上げます。

 

 

セミナー「木材界・工務店の生き残り策は限られる… いまこそ性能リフォーム本格参入を」開催案内
(第42回大阪府木材産業振興大会 記念講演)

 

来る12月7日(水)に(一社)JBN会長 青木宏之をお招きし、広く木材・建材界、地域工務店、建築士の方々を対象に現在の国の制度やビジネス上知っておくべき情報や資料を満載したセミナーが下記のとおり開催されます。
参加ご希望の方は、別紙チラシ・申込書によりお申込み願います。

 

 

1.  日 時:2016年12月7日(水)15:00~17:00

2. 会 場:大阪木材会館6階会議室(大阪市西区新町3-6-9)

3.講 師:一般社団法人JBN会長 青木宏之氏

4. 申込み:申込書に必要事項を明記のうえ、大阪府木連宛て FAX06-6531-9184にてお申込み願います。チラシ・申込書はこちら→img-Y07145302

組合員各位

 

大阪木材仲買協同組合 事務局

 

府木連より下記の内容の情報提供がありましたのでご案内申し上げます。

 

 

セミナー「巨大地震に負けない住宅~熊本地震の教訓」のご案内

 

来る11月1日(火)に関西大学河田教授をお招きし、熊本地震から学ぶことを主眼に下記のとおりセミナーが開催されます。
参加ご希望の方は、別紙チラシ・申込書によりお申込み願います。

 

 

1. 主 催:(一社)日本ツーバイフォー建築協会関西支部       (一社)大阪府木材連合会       大阪商工会議所


2.  日 時:2016年11月1日(火)13:30~17:00(受付13:00~)

 

3. 会 場:ホテルエルセラーン大阪5階 エルセラーンホール
大阪市北区堂島1-5-25 TEL 06-6347-0195

 

4. 申込み:申込書に必要事項を明記のうえ、日本ツーバイフォー建築協会 関西支部宛
FAX06-6445-2418にてお申込み願います。チラシ・申込書はこちら

こんにちは! あなたの街の材木屋さんの桔平です。
今回は、大阪市の北東に隣接する守口市のお店での取材です。守口市といえば、全国的にはパナソニックの工場など大手電機メーカーの街として知られており、私自身も同様のイメージを持っています。
大阪市西区の組合事務所から、地下鉄を利用して、最寄りの今里筋線の清水駅に到着。さて、駅から地図上では徒歩10分もかからないので、本来であれば余裕!といいたいところですが、歩く方向を間違えたのか道に迷うハプニングに。取材先にその旨の連絡を入れたところ、親切にも車で迎えに来て下さいました。
方向音痴ではない自身がありましたので、本当に焦りました。
車は住宅街を進み、その一角に今回の取材先である南部木材さんの看板が見えてきました。

 


社屋外観 

 

左が南部社長、右が南部隆三さん


それではここで、会社の歴史から順にご紹介させていただきます。南部木材さんは昭和25年、南部十四郎(じゅうしろう)さん(隆三さんからは曾祖父にあたる)により現所在地にて創業されました。創業当初から、その営業形態は建築関係の木材を建築業者に販売する木材店でありましたが、創業当初はお店の周辺も現在のような住宅街ではなかったため、原木からの製材も行われていたようです。昭和30年には法人として設立され、現社名の南部木材㈱となりました。代表者の変遷としては、その後、2代目の南部由雄(よしお)さん、平成12年には3代目南部由和(よしかず)さんへ、そして平成18年に現代表の南部十四和(としかず)さんへと移っていきました。

今回は、インタビューに応対いただいた南部隆三さんのプロフィールをご紹介いたします。南部隆三さんは、昭和58年10月4日守口市生まれの現在32歳です。地元の小・中学校、高校を卒業後、専門学校を経て、家業に入られました。元々、学生時代には広告業界を志望されていたようで、自社のホームページの開設や、チラシなどを活用したPRについて積極的で、一般的な材木店のほとんどが待ちの営業スタイルである中で、積極的な情報発信を提唱する考えを持つ方です。インタビューの質問に対しても、ひとつひとつ丁寧で、かつ熱意が伝わる印象でご回答いただきました。隆三さんは大阪の木材業界の若手経営者の総合団体である「大阪木材青年経営者協議会」(通称:大青協)に平成26年から入会され、現在は講座担当副委員長として活躍されています。今回、南部木材さんの取材に至ったのも、大青協さんのつながりで紹介いただいたご縁です。大青協会長以下会員の皆さんにはいつも大変お世話になっております。
南部木材さんは、創業時から大工、工務店などの建築関係の業者の方に木材を販売することを主体に営業されていますが、従業員が計10名と材木店としては一定の規模があり、30代の若手が目立つ活気のある様子です。
ところで、皆さんは地域の材木店は業者の方だけを相手にしていて、一般の方は対応してくれないとか、どこか近寄り難いイメージを持たれていないでしょうか?南部木材さんも基本的には、直接的な販売先は業者の方が多いのですが、一般の方からのお問合せやご相談も大歓迎です。

 

私が取材で訪問させていただいた日は、立て看板に私の名前と歓迎!の文字があり少し驚きましたが、これもお店に気軽に人が集まってくるようにとの思いから取り組まれていることなのでしょう。このような、消費者の方との距離を縮めるちょっとした気づきや活動をされていることで、お客さんとの信頼関係を築いてこられたのだと思います。
会社の特徴、セールスポイントについて質問をすると、「注文後、現場に必要な材料を迅速に届けるスピード感のある対応です」との回答をいただきましたが、近年ではそれに加えて、実際に注文された内容のほかに、付随して必要と思われるものをイメージして提案するように心掛けておられるとのことです。また、先月の7月から同社では毎朝、朝礼を行っておられ、これにより社員全員で情報を共有して、営業活動を能率よく行うことができ、延いては経費の無駄を見直すことに繋がるよう心掛けておられます。南部木材さんでは、こうした新たな取り組みを若手とベテランが一体となって発案、実行されており非常に活気のある雰囲気です。

事務所内の様子 隣接する倉庫

最後に会社のPRです。守口市の南部木材㈱です。昭和25年の創業時より、時代のニーズに合わせ、現場に必要な材料を迅速にお届けして参りました。近年、建築も多様化し、効率的かつ質の良い施工、短工期が一層求められる時代となってきましたが、当社では、「現場をお待たせしない」を使命として、さらなるネットワークの構築と配送のスピード向上に取り組んで誠意ある対応を志して参ります。
なお、一般の方の木材や住宅全般に関するお問い合わせ、日曜大工の材料のご用命も大歓迎です。木材1本からお売りします。ご相談いただければ、用途にぴったりあった木を必要なサイズに加工してお渡しします。ホームセンターとは違う、木のぬくもりをしっかり感じていただける木材をご提供します。
南部社長、隆三さん、長時間の取材にご協力いただき誠に有難うございました。(2016.8.31更新)

南部木材株式会社
〒570-0053
守口市高瀬町5-9-3
TEL 06-6996-2521
FAX 06-6991-7343
HPはこちら

 

6月25日、仲買会館において武庫川女子大学建築学科の学生を対象に木育授業を実施しました。当日は、第22支部の大長木材㈱・松峯哲也氏を講師に招き「伝統的建築物の改修を通じて」というテーマでの授業、㈱竹中工務店・白波瀬智幸氏から仲買会館の建築に関する説明および館内見学、その後学生各自でスケッチ作成を行いました。参加者は、2回生の学生45名でした。
開発研究委員会から松山副理事長(担当幹部)をはじめ、森下・石岡・岩城各理事にご協力いただき、事務局職員とともに実施しました。
今回の授業は都市部における先導的な木造建築物の事例である仲買会館を活用して、今後の木材利用の拡大に向けて、将来、建築や設計関係などの分野に進むであろう建築学科の学生に木造建築により関心をもってもらうことを目的に企画しました。
まず、武庫川女子大学建築学科講師の本城邦彦先生から関係者の紹介があり、事務局より挨拶の後、松峯氏から「伝統的建築物の改修を通じて」をテーマとして講義を行いました。
木造建築における在来工法と伝統的工法の違いについての解説に始まり、大阪市近郊には戦前からの連棟長屋が多く残っており、これらは伝統的工法を採用した建物で、耐震化がほとんど進んでいない現状に触れ、その補強について木製のフレームやパネル、制震ダンパーを利用して建物を補強する方法を説明いただきました。
さらに自身が手掛けられた改修事例の紹介があり、古い建物を改修することにより、築年数を経過して風合いを増した木材には重厚さや畏怖の念すら感じられると述べられました。また、適切な改修を施せば、取り壊すことなく復元できる建物もあり、古くからの町並みを残すこともできるので、建物の改修に関心をもっていただきたいと締めくくられました。

大長木材㈱松峯氏の講義を受ける学生の皆さん
竹中工務店・白波瀬氏より建物の説明を受ける学生の皆さん

続いて、白波瀬氏から仲買会館の設計コンセプトや木材をふんだんに使用した構造材や内装材の特長を説明いただいた上で、館内の見学を行いました。
仲買会館の建築について、設計段階において木材利用の情報発信のため国産材を使ってほしいという組合側の要望を受けて、防火地域に木造で建築するために耐火集成材「燃エンウッド」を採用したことや、木質化した内装の安全性を確かめる燃焼実験を繰り返したことなど経緯をお話しいただきました。授業を聴講する様子から、学生の木造建築に対する関心度の高さが感じられ、館内を細部まで観察し、熱心に質問する姿も見られました。
今回初めての試みとなる木育授業でしたが、アンケートを通じて学生の感想や要望を聞き、今後の授業内容について検討していきたいと思っております。学生に対して実施した授業がこれからの木材利用の拡大に繋がっていくことを期待しています。(総務課 青木記)      (2016.8.1更新)

こんにちは! あなたの街の材木屋さんの桔平です。

今回は組合事務所から徒歩数分のお店での取材です。

事業所外観①       事業所外観②

 

応対して下さったのは、現会長の長谷川幸雄さん(5代目社長)です。それでは早速、会社の歴史から順にご紹介いたします。

長谷信木材さんの創業は、明治32年、大阪長堀で羽柄材(構造材以外のタルキや板類など)専門問屋としてスタートしました。昭和16年、戦争による統制で大阪地方木材に統合され、昭和21年現在地にて再スタート、現社長は長谷川順一さん(6代目)となっております。戦前は板問屋という形態でしたが、戦後、建築のノウハウを揃え、小売に進出。問屋、小売の形態をとり合板の他新建材の分野まで取り扱うようになり現在もほぼ同様の営業形態です。

倉庫内の様子       倉庫内のカウンター材

 

長谷信木材さんでは、「あらゆるところにもっと国産木材を!」という思いで、住宅・非住宅の分野を問わず木質化をすすめられています。そこには商売だけにこだわらない、消費者に木の本当の良さを正しく知ってもらいたいという思いが感じられます。
また、同社は、得意先はすべて仕入れ先と考え、お互いに協力・連携しながら、地元大工さん・工務店をはじめ、個人のお客さん他、物流など異業種の方にも提案、販売されています。

 

最後に会社のPRです。

浪速区幸町の長谷信木材㈱です。木材・新建材をはじめ、ビス、金物類、接着剤、養生シートや軽鉄など、建築に関する材料ならなんでも揃っています。また、自社にて帯鋸、プレナー加工機、超仕上げ加工機を有し、木材加工にも対応しており、出来る限りの納期短縮に努めております。

その他にも、特殊ケース、別注ディスプレイ家具などもご希望に応じて、打ち合わせ、ご提案の上、製作することが可能です。

住宅建築・リフォームについてもご要望に応じた提案をさせていただきます。また、住宅・非住宅を問わず、幅広くご相談に応じますので、数量に関わらずお問合せ下さい。

長谷川会長、長時間の取材にご協力いただき誠に有難うございました。

調湿のためのこだわりの砂利敷き

 

(2016.6.8更新)

 

 

長谷信木材株式会社 

〒556-0021

大阪市浪速区幸町3-5-26

TEL 06-6568-2211

FAX 06-6568-2214

会社の詳しい情報はこちら

こんにちは! あなたの街の材木屋さんの桔平です。 今回も前回に引き続き大阪府八尾市での取材となりました。
大阪市西区の組合事務所からですと、車で約40~45分程度で到着となるでしょうか。大阪市内を南に抜けて、大阪四大緑地(服部・鶴見・久宝寺・大泉)のひとつである久宝寺緑地を越えると、府道八尾亀井線に差し掛かり、程なく今回の取材先である上西木材㈱さんの看板が見えてきました。久宝寺緑地には、先月にも所用で訪れているので、この辺りの風景はどこか見覚えがあります。

②
倉庫内の様子


応対して下さったのは、現社長の上西博一さんです。それでは早速、会社の歴史から順にご紹介いたします。上西木材㈱さんの創業は、昭和40年で現社長の父である上西紀博さん(現会長)が前回の取材先である㈱吉寅さんに就職され、修行後、八尾市内で独立したことが始まりです。当時まだ25歳という若さです。当時から現在に至るまで、基本的な営業形態は大工・工務店に一般建築材・建材を販売する典型的な仲買さんですが、それに加えて、昭和52年から建築業に進出され、木材販売のプロであることを強みに地元を中心に木の良さにこだわった木造住宅を建築され、地元の消費者から確かな信頼が寄せられています。なお、創業時には個人商店の上西木材店という名称でしたが、平成23年に法人に改組、ほぼ同時期に上西博一さんが二代目社長に就任され、現在に至ります。

それでは、ここで現社長個人についてのお話に移ります。

③
上西博一社長

現社長の上西博一さんは、昭和45年八尾市生まれです。大阪市内の高校を卒業後、住吉区の花尻木材店さんにて5年間修行後、家業に戻られました。プライベートでは1男・2女のお父さんであり、息子さんはサッカー、2人の娘さんはバレーボールに熱中するスポーツ一家です。中でも息子さんは、高校在学中にインターハイ3位に入賞するほどの成績であり、上西社長も遠征の際には応援に向かわれたようです。上西社長自身は、幼少の頃から野球をされていたこともあり、息子さんとのキャッチボールに憧れていた頃もあったようですが、現在は、息子さんが出場するサッカーの試合を観戦することが、仕事をする上でも励みになっているようです。
仕事に子育てと忙しい上西社長ですが、忙しい中、時間を捻出して大阪木材業界における青年経営者の総合団体である大阪木材青年経営者協議会(通称:大青協)での活動にも尽力され、平成28年度から会長職を務められる予定です。インタビュー中も明るい人柄と豊富な話題、そして繊細な心遣いが感じられ、木材業界の将来を担うリーダーとして今後の活躍が期待されています。

④
上西社長が大切にされている言葉

取材の途中で、上西木材さんのお店のすぐ近くで建築された木造住宅の物件を上西社長にご案内いただきました。国産のスギ・ヒノキを主に用いて建築されており、木にこだわった、流石は材木屋さんが手掛けられた住宅であるという印象を受けました。床・柱・梁・壁・天井など内部で見える箇所はほとんど木材が用いられており、木材で囲まれているような感じで、中を歩いてみると木の感触の良さと、芳香が漂ってきます。家に住むなら、自然素材でできた「健康住宅」が一番ですね。やっぱり、木造住宅のことなら、木材のプロである地元の材木屋さんに相談することをおすすめします。

 

最後に会社のPRです。

建築物件写真① 建築物件写真② 建築物件写真③

 

昭和40年創業、現在まで八尾市で木材業者として50年余りの歴史がある上西木材㈱です。木材・新建材の販売はもちろん、その強みを生かしての住宅建築に至るまで幅広く皆様のご相談に応じます。
もちろん、一般消費者の方への木材販売も歓迎いたしますので、数量に関わらずご相談下さい。また、住宅建築・リフォームについてもご要望に応じた提案をさせていただきますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

上西社長、長時間の取材にご協力いただき誠に有難うございました。(2016.3.16更新)

 

 

上西木材㈱
〒581-0068
八尾市跡部北の町1-2-14
TEL 072-992-0125
FAX 072-992-1407
会社の詳しい情報はこちら

終わりに
組合ではホームページ「今月の材木屋さん」のコーナーにおいて、組合員事業所を随時紹介していく予定です。この機会に自社のPRをお考えの組合員の方は組合事務局までご連絡いただきますようお願い致します。