トピックス

  • 平成29年度木とふれあう木育推進事業の事業者募集のご案内(2017.9.4更新)

    組合員各位 大阪木材仲買協同組合 前略 大阪府では、子どもたちの健やかな成長を育むとともに、「木」の持つ素晴らしさを広くPRするため、木育活動推進の取り組みを実施しています。 その取組みメニューの一つとして、平成29年度から、府内の幼稚園や保育所、認定こども園等の子育て施設において、木製の机や椅子等の導入経費を補助する「木とふれあう木育推進事業」が下記の通り実施します。 詳細につきましては、下記の要領、並びに大阪府のホームページをご確認下さいますようお願いいたします。   記 1 募集期間 ・平成29年8月21日(月)から平成29年10月20日(金)まで 2 補助対象者 ・3に示す施設を設置するもの 3 対象施設 ・大阪府内の幼稚園、認可保育所、認定こども園、地域型保育事業を行う事業所(保育者の居所又は保育を必要とする子どもの居宅は除きます。)、企業主導形保育事業を行う事業所 4 補助率 ・木製品の導入に要する経費の1/2以内(補助上限額:1件当たり500千円) 5 その他 ・詳細については、大阪府のホームページにおいて公開しておりますでご覧ください。 ホームページはこちら→ホームページ

    詳細はこちら

  • 平成29年度子育て施設木のぬくもり推進事業のご案内(2017.4.25更新)

    組合員各位 大阪木材仲買協同組合 前略 今年度も大阪府では木材利用の推進を図るため「子育て施設木のぬくもり推進事業」が実施されますので詳細につきましては、下記ホームページをご確認下さいますようお願いします。 大阪府のホームページはこちら なお、上記事業につきましてご質問などございましたら、大阪木材仲買協同組合 事務局 大町までお問い合わせ願います。    

    詳細はこちら

  • 講習会「木造回帰が切り拓く建築の未来」開催のご案内(2017.3.10更新)

    組合員各位   大阪木材仲買協同組合 事務局   府木連より下記の内容の情報提供がありましたのでご案内申し上げます。     講習会「木造回帰が切り拓く建築の未来」開催のご案内   来る3月30日(木)に府木連主催で下記のとおり講習会が開催されます。 参加ご希望の方は、別紙チラシ・申込書によりお申込み願います。   記   1. 主 催:(一社)大阪府木材連合会  / 共 催:(公社)大阪府建築士会 2.  日 時:2017年3月30日(木)13:00~20:00 3. 会 場:日本綿業倶楽部 綿業会館 新館7階大会場 大阪市中央区備後町2-5-8   4. 申込み:申込書に必要事項を明記のうえ、大阪府木材連合会宛に FAX06-6531-9184にてお申込み願います。チラシ・申込書はこちら

    詳細はこちら

  • 神々の国しまねの木 展示・商談会2017 開催案内(2016.12.26更新)

    組合員各位 大阪木材仲買協同組合 事務局 府木連より下記の内容の情報提供がありましたのでご案内申し上げます。 神々の国しまねの木 展示・商談会2017 開催案内 来る1月26日(木)に「神々の国しまねの木 展示・商談会2017が開催されますので、参加ご希望の方は下記の内容、並びにチラシをご参照くださいますようお願い申し上げます。   記 1.日  時:平成29年1月26日(木)10:00~16:00 2.場  所:大阪会館(大阪市中央区本町4-1-52) 3.内  容:島根県産木材製品の展示・商談会 4.出展者 :島根県内の製材所等15社   ※なお、詳細についてはチラシをご参照願います。チラシはこちら→神々の国しまねの木展示・商談会のご案内(2017.1.26) (2016.12.26更新)

    詳細はこちら

  • 革新的ものづくり・商業・サービス開発支援補助金 公募のご案内(2016.11.28)

    組合員各位 大阪木材仲買協同組合 国際的な経済社会情勢の変化に対応し、足腰の強い経済を構築するため、経営力向上に資する革新的サービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善を行うための中小企業・小規模事業者の設備投資等の一部を支援する「革新的ものづくり・商業・サービス開発支援補助金(平成28年度補正)」公募のご案内が大阪府中小企業団体中央会を通じてありました。 詳細につきましては、別紙チラシをご参照願います。 なお、受付期間は平成28年11月14日から平成29年1月17日(火)まで(当日消印有効)となっております。 チラシはこちら→img-Y28100132 (2016.11.28更新)

    詳細はこちら

  • セミナー「木材界・工務店の生き残り策は限られる… いまこそ性能リフォーム本格参入を」開催案内

    組合員各位   大阪木材仲買協同組合 事務局   府木連より下記の内容の情報提供がありましたのでご案内申し上げます。     セミナー「木材界・工務店の生き残り策は限られる… いまこそ性能リフォーム本格参入を」開催案内 (第42回大阪府木材産業振興大会 記念講演)   来る12月7日(水)に(一社)JBN会長 青木宏之をお招きし、広く木材・建材界、地域工務店、建築士の方々を対象に現在の国の制度やビジネス上知っておくべき情報や資料を満載したセミナーが下記のとおり開催されます。 参加ご希望の方は、別紙チラシ・申込書によりお申込み願います。   記   1.  日 時:2016年12月7日(水)15:00~17:00 2. 会 場:大阪木材会館6階会議室(大阪市西区新町3-6-9) 3.講 師:一般社団法人JBN会長 青木宏之氏 4. 申込み:申込書に必要事項を明記のうえ、大阪府木連宛て FAX06-6531-9184にてお申込み願います。チラシ・申込書はこちら→img-Y07145302

    詳細はこちら

  • セミナー「巨大地震に負けない住宅~熊本地震の教訓」のご案内

    組合員各位   大阪木材仲買協同組合 事務局   府木連より下記の内容の情報提供がありましたのでご案内申し上げます。     セミナー「巨大地震に負けない住宅~熊本地震の教訓」のご案内   来る11月1日(火)に関西大学河田教授をお招きし、熊本地震から学ぶことを主眼に下記のとおりセミナーが開催されます。 参加ご希望の方は、別紙チラシ・申込書によりお申込み願います。   記   1. 主 催:(一社)日本ツーバイフォー建築協会関西支部       (一社)大阪府木材連合会       大阪商工会議所 2.  日 時:2016年11月1日(火)13:30~17:00(受付13:00~)   3. 会 場:ホテルエルセラーン大阪5階 エルセラーンホール 大阪市北区堂島1-5-25 TEL 06-6347-0195   4. 申込み:申込書に必要事項を明記のうえ、日本ツーバイフォー建築協会 関西支部宛 FAX06-6445-2418にてお申込み願います。チラシ・申込書はこちら

    詳細はこちら

  • ◇仲買会館が津波避難ビルに登録されました◇(2013年11月12日更新)

      組合も地域社会の一員として、津波災害発生時の地域住民等の避難の円滑化を図るため、新会館を緊急一時避難施設として登録することについて、組合と大阪市西区役所及び西区日吉連合振興町会との三者で協議を進めたところ、去る11月1日付けで大阪市の津波避難ビルとして登録されました。 なお、収容人数は130名程度、利用時間等は平日の午前9時から午後17時30分(但し土、日、祝日およびお盆、年末年始は除く)です。      津波避難ビル表示板

    詳細はこちら

  • 「第22区大長木材㈱松峯哲也社長がテレビ取材を受けられました」(2013年6月26日更新)

    当組合所属の組合員さんである、第22区(大阪市阿倍野区)大長木材㈱松峯哲也社長が毎日放送から取材を受けられ、その模様が下記の通り紹介される予定ですので、是非ご覧ください。                                 記 番組名  :毎日放送ニュース番組「VOICE」 放送日時:平成25年6月26日(水) 18:15~19:00 内 容     :j.pod耐震シェルターを導入予定されている方のインタビュー(城東区)        シェルター部材の説明(平野区 大長木材センター)        j.pod耐震シェルタ―を施工した長屋の風景(阿倍野区シェルター長屋)                                                                                                                              (2013年6月26日更新)

    詳細はこちら

  • 4月8日☆新会館竣工☆(2013.4.15更新)

    4月8日(月)新会館の竣工式を執り行いました。新仲買会館の計画にあたっては、木材業界のランドマーク、木材の良さを発信する木の殿堂を目指し建設されました。           2階 通路         3階 大会議室   木造では、制約が厳しく通常の方法では建築することが困難な防火地域において、本物の木造ビルを建築することを最大のテーマに掲げ、構造材に耐火性能を有する㈱竹中工務店の「燃エンウッド」という部材を採用し、また、火災時における建物の避難安全性について十分な検証を行った上で仕上げ材に不燃木材ではなく一般の木材の利用を可能にするなど、国産材の良さを最大限に引き出した建物に仕上がりました。

    詳細はこちら