組合活動実績

  • 4月14日 八尾市立曙川東小学校で出前授業を開催しました(2012.5.7更新)

    4月14日、八尾市立曙川東小学校で出前授業を開催しました。 詳しい内容につきましては「組合活動実績」のコーナーでお知らせ してますので、ご確認下さい。  なお、7月19日に大阪市住吉区内の小学校で出前授業を開催する 予定がございます。今後、この「トピックス」で情報を随時掲載いたします のでご期待願います。            (2012.5.7更新)

    詳細はこちら

  • 八尾市立 曙川東小学校 出前授業報告(2012.5.7更新)

    4月14日、八尾市立曙川東小学校にて出前授業を開催しました。  第27支部/㈲古形木材・古形社長が曙川東地域福祉協議会と繋がりがあることから、今回は学校の授業といった形式ではなく、同福祉協議会主催の「わくわく推進活動」の一環として開催することになりました。  当日は、古形社長と、当組合からは出前授業を所管する、開発研究委員会から宇田副理事長及び杢保委員長、森下理事、兼田理事の4名が指導役となり、また、福祉協議会のスタッフの方々にもお世話になり、事務局職員とともに、児童とその保護者の皆さんに地域の材木屋さんの団体である当組合について、そして木材利用の有効性についてPRいたしました。  参加者は、二年生から六年生までの30名の児童と保護者15名の計45名でした。  福祉協議会の山下会長から開会の挨拶をいただき、当組合からは、宇田副理事長の挨拶の後、事務局・倉橋の司会により、授業は始まりました。  当日の授業内容について概要説明を行った後、DVD「木づかいで地球を救え!」を鑑賞しました。続いて、休憩を挟んで、1チーム8〜9人の5チーム対抗での「樹種当てクイズ」を実施いたしました。 保護者の方も真剣!樹種あてクイズ    チームは児童3チームと保護者2チームでの構成となり、5種類の樹種に触れたり、匂いをかいで、相談しながら解答しました。児童は色々な樹種に興味津々で、保護者の皆さんも笑顔も見られる中、真剣に取り組まれていました。  全チームの解答完了を確認した後、倉橋から、正解発表と樹種の特徴を解説しました。答えを確認しながら、児童とともに保護者の皆さんからも歓声が聞こえてきました。     再び、休憩を挟んで、いよいよ「親子木工教室」椅子作りをスタートしました。  親子木工教室・椅子作りの様子  児童と保護者の方が一緒になって、スタッフが作り方と釘の打ち方などを説明した後、親子で相談する声と金槌を打つ音があちこちで聞こえてきました。慣れた手つきで、次々と作業を進める児童、失敗してやり直したり悪戦苦闘する児童と様々でしたが、予定の時間にはほぼ全員の作品が完成しました。  曙川東小学校 和田校長から閉会の挨拶の後、今回の出前授業の開催にあたり、曙川東地域福祉協議会に対して働きかけて下さった古形社長から、「杉や桧の木による花粉症は、日本の山を手入れする人がいなくなったことが原因なので、住宅を建てる際は、杉や桧といった国産材を積極的に利用いただいて、日本の山や自然環境を守ってもらいたい」との主旨の締め括りの挨拶がありました。  今回も色々な授業を実施しましたが、地球の環境を守るために適切に木を伐採して、森に手入れを施すことが大切であること、そして、木は人の健康という観点から建築材料として、鉄やコンクリートよりも優れた素材であるということをPRできたかと思います。        (総務課 倉橋記)

    詳細はこちら

  • 西淀川区 御幣島小学校 出前授業報告(2012.3.1更新)

       1月19日、大阪市立御幣島小学校にて1時間目を第2音楽室で、2時間目から4時間目を図工室にて出前授業を開催しました。  第15支部/㈱兼田・兼田定廣社長が同校の地域連合会の役員を務められ、日頃より同校と密接な繋がりがあったことにより、開催させていただくこととなりました。  当日は、兼田社長と、アルブル木工教室を主宰する大宝木材㈱・米地社長、当組合からは出前授業を所管する、開発研究委員会から杢保委員長の3人の方のご協力を賜り、事務局職員とともに、子どもたちに地域の材木屋さんの団体である当組合について、そして木材利用の有効性についてPRいたしました。  参加してくれたのは、4年生の3クラス105名の子供たちです。 学校側より、山﨑校長の挨拶を頂き、当組合からは、杢保委員長から挨拶があった後、事務局・倉橋の司会により、授業は始まりました。1時間目は、3クラス合同で授業を実施し、DVD「木づかいで地球を救え!」の制作趣旨と当日の授業内容について概要説明をしました。その後、DVDを鑑賞し、続いて、1チーム7人の15チーム対抗で、五種類の樹種の名前を当てる「樹種当てクイズ」を実施いたしました。子どもたちは、五種類の樹種の小径木のサンプルに実際に触れたり、匂いをかいでみながら、各チームで話し合ってクイズに挑戦しました。  色んな木に触れて問題に奮闘中!! 全チームの解答完了を確認した後、事務局・倉橋から、正解発表と樹種の特徴について解説しました。答えを確認すると、子どもたちから正解を喜ぶ歓声があちこちで聞こえてきました。また、驚くことに半数以上のチームが全問正解であり、子どもたちの木についての関心の高さを感じました。    2時間目から4時間目にかけては、「フォトフレーム(写真立て)作り」体験です。  米地社長の指導の下、最初に金槌を使ってダボを木製の止め具の穴に打ち付ける作業を行いました。力の加減により悪戦苦闘する子どもも見られました。その後、ツキ板をハサミや型抜きで切り取り、小さな木片を使って、フレームに子どもたちお好みのデザインでの飾り付けをしました。フレームの表に写真をはさむアクリル板の取り付けと、裏の穴に棒を金槌で打ち込んでスタンドを作って完成です。子どもたちは、担任の先生やスタッフと相談しながら、オリジナルの作品作りに夢中になっていました。出来上がった作品も、各人各様で、それぞれから、子どもたちの個性が感じられました。 小学校(右)より、杢保委員長(写真中央左)へ感謝状の贈呈がありました  今回、出前授業の開催にあたり、御幣島小学校をご紹介いただいた兼田社長から締め括りとして、自然素材としての木材の素晴らしさについてお話しいただき、子どもたちは真剣な表情で聞き入っていました。  今回の授業においては、子どもたちに対して、様々な体験を通じて木材利用の有用性についてPR致しました。授業で学んだことを家族や周囲の方々に是非伝えてもらい、これからの木材利用の拡大に繋がっていくことを期待しております。               (総務課 倉橋記)(2012.3.1更新)

    詳細はこちら

  • 水都おおさか森林の市2011出展報告(2011.11.01 更新)

       10月8日㈯と9日㈰の2日間に亘り近畿中国森林管理局及びOAP、毛馬桜之宮公園周辺において、水都おおさか森林の市実行委員会(近畿中国森林管理局・大阪府・大阪府木材連合会他)主催で、「水都おおさか森林の市」が開催されました。 樹種あてクイズ/木工作品の展示・販売 「森林の市」は今年で25回目となるものですが、本イベントは、都市と森林を結ぶ川の役割や、森林や林業の大切さや木材利用の意義を都市住民に伝えるとともに、地球温暖化防止に欠くことのできない豊かな森林を未来へ引き継いでゆくことを目的として、木製品の展示・販売、山の恵みの販売、木工工作などの体験コーナーなど、親子で楽しめる催し物が盛り沢山に用意されています。今年の森林の市は、57団体から出展があり、両日とも天候に恵まれ穏やかな陽光の下、来場者数は約2万5千人(延二日間)と、昨年を大きく上回る数を記録しました。  今年もバラエティーに富んだ出展団体が並び、森林の環境保全についての展示や木製品や林産物の展示・販売。また、自然素材を使ったクラフト教室、丸太切り体験など多彩な催しが繰り広げられていました。  会場を盛り上げるステージプログラムも、オープニングセレモニーをはじめブラスバンド演奏が華を添え、キッズボートやドラゴンボート乗車体験も大人気でした。        木工教室の様子 当組合は、組合員の方々から出品いただいた木工作品の展示・販売をはじめ、毎年好評の「親子木工教室(本立て作り)」や「樹種当てクイズ(正解回答数に応じて景品をプレゼント)」を実施する等盛り沢山な内容でした。  当日は幹部をはじめ、本イベントへの出展と企画を担当する開発研究委員の方々や有志役員の協力も得て、成功裏に終えることができました。「親子木工教室」では、毎年これを目当てに訪れるリピーターも見られ、混雑時には行列がきるなど高い関心が寄せられ、木工作品の展示・販売も多くの来場があり、手作りで温かみのある木製品を手に買い物を楽しむ方が多数見られました。  今回のイベントにおいて、一般消費者と接することにより、潜在的な木材需要を開拓する貴重な機会ではないかと思います。子どもから大人まで木の良さを体験を通じて感じていただき、将来的な木材利用の拡大に向けてPRすることの重要性を再確認することができました。                                   (総務課 倉橋 記)       (2011.11.01更新)

    詳細はこちら

  • 東淀川区・西淡路路小学校 出前授業報告(2011.7.20更新)

    6月23日、大阪市立西淡路小学校の活動室で、3時間目と4時間目の時間を頂戴して出前授業を開催しました。  第31支部/㈱山内材木店・山内一次社長が同校の卒業生であり、臼井淳校長を通じて、端材を提供したことがきっかけで、開催させていただくこととなりました。  当日は、㈱山内材木店の山内社長と大宝木材㈱から米地社長と香山さん、当組合からは出前授業を所管する、開発研究委員会から杢保委員長と前役員の前重氏と5人の方にご協力いただき、事務局職員とともに子どもたちに木の良さや木材利用の有効性についてのPRに努めました。  参加してくれたのは、4年生の2クラス60名の子供たちです。  臼井校長の挨拶の後、事務局・倉橋の司会により、授業は始まりました。    3時間目は、DVD「木づかいで地球を救え!」の制作趣旨と当日の授業内容についての概要説明の後、DVDの鑑賞、その後、1チーム6人による10チーム対抗で4種類の樹種の名前を当てる「樹種当てクイズ」を実施いたしました。  子どもたちは、4種類の樹種の小径木のサンプルに各自で触れてみたり、また、匂いをかいでみながら、互いに意見を交わしてクイズにチャレンジしました。  その後、正解発表と樹種の特徴について解説いたしました。答えを確認しながら子どもたちから正解を喜ぶ歓声を聞き、また、樹種の解説を真剣に聞く姿勢を目のあたりにし、子どもたちの木に対する関心の高さを感じることができました。  四時間目は、「おはし作り」体験です。     おはし作りに夢中の子どもたち 大宝木材㈱米地社長と香山さんの指導の下、サンドペーパーを使ってサクラの木を削り、おはしの形に仕上げていきます。保護塗料としてクルミを潰した天然の油を塗って完成です。  子どもたちは、担任の先生やスタッフと相談しながら、おはし作りに夢中になっていました。中にはサンドペーパーをかけ過ぎて、おはしの長さが短くなった子どももいましたが、オリジナルの「マイおはし」を作って、しかも自分のものになるということで、みんな楽しそうに作業を進めていました。  今回、出前授業の開催につき、西淡路小学校をご紹介いただいた山内材木店・山内社長から締め括りとして、暮らしの中で利用される木材が立木からどのように伐採されるのか、また、柾目と板目の違いなどをお話し下さいました。子どもたちは教科書で学べない生きた知識を勉強できたことでしょう。 最後に、木や自然を大切にすること、さらに命の大切さを強調され、未来を担う子どもたちが、木材や命の大切さを再認識する有意義な時間であったと思います。   山内社長から木についてお話いただきました    子どもたちには授業で学んだ木材の良さを家族や周囲の方々に伝えてもらい、将来にわたる木材需要の拡大に繋げていければと思います。               (総務課 倉橋記)

    詳細はこちら

  • 港区・磯路小学校 出前授業報告(2011.3.11更新)

          2月24日㈭、大阪市立磯路小学校の体育館並びに図書室で出前授業を開催しました。  第5支部/大和木材㈱大和宏充社長が同校の卒業生であり、図書室に杉のフローリング材を施工したことがきっかけで、開催させていただくことになりました。  当日は、大和木材㈱から、大和社長と森口部長をはじめ、当組合からは出前授業を所管する、開発研究委員会から谷委員長と前重理事、また、第38支部/㈾戸田材木店・戸田昌志氏、日本オスモ㈱より山崎正夫氏と多くの方にお越しいただき、事務局職員とともに当日ご協力いただきました。          杉の特性について説明する         大和木材㈱大和宏充社長 参加してくれたのは、4年生の2クラス48名の子供たちです。  大和社長から、わかりやすく、親しみのある語り口調で、釘の打ち方や作業手順の説明があった後、いよいよ椅子作りが始まりました。 釘と金槌で簡単に組立できるように事前に加工された杉の部材を用意し、子供たちは4人で1班を組み、講師の指導の下、順番に釘を打ち付けていきました。 子供によっては、慣れた手つきで作業する子と初めてという子と様々でしたが、作業が早くできた子は他の子の作業を手伝ってあげるなど、とても楽しく、微笑ましい様子でした。  椅子が完成すると、自分で作った椅子に対する充実感から、体育館のあちこちで子供たちの歓声が聞こえました。  続いて、場所を図書室に移し、椅子作りの感想と木について子供たちとの対話を通じての授業です。  大和社長から、子供たちに椅子作りの感想と杉の特性について質問があり、子供たちから率直な感想や意見が寄せられました。  また、大和社長から①空気浄化、②湿度調整、③断熱効果、④目に優しいといった杉の特性の紹介があり、杉材を用いることが本を読むなど集中力を要する図書室に最適であるとの説明がありました。  子供たちは杉や桧といった樹種の名前はほとんど全員が知っていましたが、それは入浴剤や花粉という言葉からということを知り、驚きとともに、未来を担う子供たちに木材の良さをさらに正しく理解してもらい、身近な材料である木材の温かさや柔らかみを伝えることができ、非常に有意義な時間を過ごせました。  今後も機会があれば、次代を担う子供たちを通じて一般の方に対して木の良さをアピールし、長期的視点に立った木材需要の促進に役立てていければと思います。                                                       (2011.3.11更新)     

    詳細はこちら