組合活動実績

  • 武庫川女子大学学生 木育授業報告

    6月25日、仲買会館において武庫川女子大学建築学科の学生を対象に木育授業を実施しました。当日は、第22支部の大長木材㈱・松峯哲也氏を講師に招き「伝統的建築物の改修を通じて」というテーマでの授業、㈱竹中工務店・白波瀬智幸氏から仲買会館の建築に関する説明および館内見学、その後学生各自でスケッチ作成を行いました。参加者は、2回生の学生45名でした。 開発研究委員会から松山副理事長(担当幹部)をはじめ、森下・石岡・岩城各理事にご協力いただき、事務局職員とともに実施しました。 今回の授業は都市部における先導的な木造建築物の事例である仲買会館を活用して、今後の木材利用の拡大に向けて、将来、建築や設計関係などの分野に進むであろう建築学科の学生に木造建築により関心をもってもらうことを目的に企画しました。 まず、武庫川女子大学建築学科講師の本城邦彦先生から関係者の紹介があり、事務局より挨拶の後、松峯氏から「伝統的建築物の改修を通じて」をテーマとして講義を行いました。 木造建築における在来工法と伝統的工法の違いについての解説に始まり、大阪市近郊には戦前からの連棟長屋が多く残っており、これらは伝統的工法を採用した建物で、耐震化がほとんど進んでいない現状に触れ、その補強について木製のフレームやパネル、制震ダンパーを利用して建物を補強する方法を説明いただきました。 さらに自身が手掛けられた改修事例の紹介があり、古い建物を改修することにより、築年数を経過して風合いを増した木材には重厚さや畏怖の念すら感じられると述べられました。また、適切な改修を施せば、取り壊すことなく復元できる建物もあり、古くからの町並みを残すこともできるので、建物の改修に関心をもっていただきたいと締めくくられました。 大長木材㈱松峯氏の講義を受ける学生の皆さん 竹中工務店・白波瀬氏より建物の説明を受ける学生の皆さん 続いて、白波瀬氏から仲買会館の設計コンセプトや木材をふんだんに使用した構造材や内装材の特長を説明いただいた上で、館内の見学を行いました。 仲買会館の建築について、設計段階において木材利用の情報発信のため国産材を使ってほしいという組合側の要望を受けて、防火地域に木造で建築するために耐火集成材「燃エンウッド」を採用したことや、木質化した内装の安全性を確かめる燃焼実験を繰り返したことなど経緯をお話しいただきました。授業を聴講する様子から、学生の木造建築に対する関心度の高さが感じられ、館内を細部まで観察し、熱心に質問する姿も見られました。 今回初めての試みとなる木育授業でしたが、アンケートを通じて学生の感想や要望を聞き、今後の授業内容について検討していきたいと思っております。学生に対して実施した授業がこれからの木材利用の拡大に繋がっていくことを期待しています。(総務課 青木記)      (2016.8.1更新)

    詳細はこちら

  • 水都おおさか森林の市2015出展報告(2015.11.2更新)

    10月4日(日)、近畿中国森林管理局、毛馬桜之宮公園において、水都おおさか森林づくり・木づかい実行委員会(近畿中国森林管理局・大阪府・府木連他)主催で、「水都おおさか森林の市」が開催されました。 本イベントは、森林の恵みや木に触れることで森林と人との繋がりを実感し、森林・林業の役割と意義、農山村の現状について理解を深め、豊かな森林資源を次世代に引き継いでいくことを目的としています」。 「森林の市」は今回で29回目となりますが、国民の祝日となる「山の日」制定の前年度となることから「山の日制定記念」をイベント名に冠しており、今回は、56団体から出展がありました。イベント当日は天候に恵まれ穏やかな陽光の下、来場者数は約2万人を記録しました。 今年もバラエティに富んだ出展団体が並び、森林・河川の環境保全についての展示や木製品や地域の特産品の展示・販売。また、自然素材を使ったクラフト教室や端材プレゼントコーナー、丸太切り体験、木のおもちゃの遊びのコーナーなど大人から子どもまで幅広く楽しめる催しが繰り広げられました。 当組合は、「親子木工教室(椅子作り)」や「樹種当てクイズ(正解解答数に応じて景品をプレゼント)」を実施する出展内容でした。 当日は幹部をはじめ、本イベントへの出展と企画を担当する開発研究委員の方々の方々の協力も得て、「親子木工教室」では、親子での木の触れ合いと木材利用の普及促進という主旨のもと、今年は1時間単位のスケジュールにより小学生の親子ペアで一緒に作業を実施し、参加する親子に対して開発研究委員より、スギ材の特徴・効能について説明がありました。「樹種当てクイズ」では、出展テント位置が人通りのよい場所であったことも関係してか、例年以上の参加があり、イベント終了時刻を待たずに解答用紙がなくなるほどの人気がありました。 今年の森林の市は、例年以上に木材PR色を強く打ち出した出展となりましたが、今後も出展方法を充実させていき、より効果的な消費者への木材PRの方法を考えていきたいと思います。 (総務課 倉橋記) (2015.11.2更新)

    詳細はこちら

  • 大阪市立三軒家西小学校 出前授業報告(2015.2.27更新)

    1月24日、大阪市立三軒家西小学校において出前授業を実施しました。 当日は開発研究委員会から杢保専務理事(担当幹部) が指導役となり、事務局職員とともに、組合及び木材利用の有効性をPRしました。 参加者は、5年生の児童計23名でした。 樹種当てクイズにチャレンジ! 当日は事務局・倉橋の司会のもと、授業は進行し、まず、DVD「木づかいで地球を救え!」の鑑賞、及び1班6人程度の4班グループでの「樹種当てクイズ」を実施しました。 その後、「木工教室(椅子作り)」を行いました。 手順と釘の打ち方などを説明した後、教室内では、金槌を打つ音が響き渡りました。慣れた手つきで早々と作業をこなす児童、一方、経験不足から作業が進まない児童など様々でしたが、児童の間で助け合いながら木工を楽しんでもらい、予定の授業時間内で全員が椅子作りを完了しました。 授業の終了後、杢保専務理事から児童に対して、本日の授業を通じて木材の良さを広めていただきたいとともに、皆で相談しながら考え、協力して作業をする機会を大切にしてほしいとの主旨の挨拶がありました。 今後も、子どもたちに興味をもってもらえるような授業を企画して将来に向けた木材需要の開拓に向け、木材利用のPRに努めていきたいと思います。 (総務課 倉橋記) (2015.2.27更新)

    詳細はこちら

  • 水都おおさか森林の市2014出展報告(2014.11.4更新)

    10月5日(日)、近畿中国森林管理局、毛馬桜ノ宮公園において、水都おおさか森林づくり・木づかい実行委員会(近畿中国森林管理局・大阪府・府木連他)主催で、「水都おおさか森林の市」が開催されました。 「森林の市」は今年で28回目となりますが、本イベントは、森林の恵みや木に触れながら森と人との繋がりを感じてもらい、森林の大切さ、林業の役割、農山村の現状について理解を深めることで、大切な森林を次世代に引き継いでいくことを目的としています。 今年の森林の市は、53団体から出展があり、台風18号の接近により、イベントの決行が危ぶまれたものの、当日は風の強い曇り空の下、来場者数は約1万人を記録しました。 今年もバラエティーに富んだ出展団体が並び、森林の環境保全についての展示や木製品や地域の特産品の展示販売。また、自然素材を使ったクラフト教室や端材プレゼントコーナー、丸太切り体験、大型絵本の読み聞かせや積み木あそびのコーナーなど大人から子どもまで幅広く楽しめる催しが繰り広げられました。 多くの方々で賑わった木工教室 当組合は、毎年好評の「親子木工教室(椅子作り)」や「樹種当てクイズ(正解解答数に応じて景品をプレゼント)」を実施する出展内容でした。 当日は幹部はじめ、本イベントへの出展と企画を担当する開発研究委員会の方々や有志役員・組合員の協力も得て、成功裏に終えることができました。 特に「親子木工教室」では、イベント開始後、組合テントは木工を行う親子連れでいっぱいになり、イベント終了まで途切れることなく、例年以上に活気があったように感じました。 森林の市にはここ数年毎年出展していますが、イベントを通じて、一般消費者の木材利用の関心の高さを再認識するとともに、今後の木材利用に向けたPR方法について考える機会となりました。(総務課 倉橋記) (2014.11.4更新)

    詳細はこちら

  • 大阪市立千本小学校 出前授業報告(2014.8.1更新)

    7月3日、大阪市立千本小学校で出前授業を実施しました。 小学校の所在地が第13支部に該当することから、支部を代表し、奥田材木店・奥田晋三理事と芳崎治商店・芳崎正氏の2名が、開発研究委員会から杢保専務理事をはじめ、森下・石岡両理事の3名が指導役となり、事務局職員とともに組合及び木材利用の有効性をPRしました。 参加者は、5年生の児童計77名でした。 事務局・倉橋の司会により授業は進行し、まず、各クラス単位で「木工教室(椅子作り)」を行いました。手順と釘の打ち方を説明後、図工室内では、金槌を打つ音が響き渡りました。順調に仕上げる児童、思い通り進まない児童等様々でしたが、木工を通じて木の良さを体感してもらえたことでしょう。 続いて、教室を移動し全体授業に移り、組合から杢保専務理事の挨拶の後、DVD「木づかいで地球を救え!」の鑑賞を行い、続いて、1チーム6~7人の12チーム対抗で、5種類の樹種の名前を当てる「樹種当てクイズ」を実施しました。児童は5種類の樹種の小径木のサンプルに触れ、匂いを嗅ぎなが ら、チームで話し合ってクイズに挑戦しました。 全体授業で挨拶する杢保専務理事 全チームの解答完了を確認した後、事務局・倉橋から、正解発表を行い、答えを確認すると、子どもたちから正解を喜ぶ歓声があちこちで聞こえて児童の木についての関心の高さを感じました。13支部奥田理事から、締めくくりに、今回の授業での体験を通じて、木について関心をもってもらい、地域の材木店相談に来てほしいとの挨拶がありました。将来の木材需要の開拓に向けて、こうした機会を通じて組合と木材利用のPRに努めていきたいと思います。(総務課 倉橋記)  (2014.8.1更新)

    詳細はこちら

  • 尼崎市立武庫東小学校 出前授業報告(2014.1.8更新)

    11月28日、尼崎市立武庫東小学校にて出前授業を実施しました。 小学校の住所地が第34支部に該当することで、支部を代表し、㈲吉田悦造商店・吉田浩之理事をはじめ、中﨑木材㈱・中﨑裕弘氏、㈱上北昇商店・上北将人氏、㈲則岡木材・則岡宏牟氏の4名が、当組合は、開発研究委員会から杢保専務理事と前田委員長の2名が指導役となり、事務局職員とともに、組合及び木材利用の有効性をPRしました。 椅子作りに励む武庫東小学校の児童 参加者は、4年生の児童計140名でした。 学校側挨拶に続き、組合から杢保専務理事の挨拶の後、事務局・倉橋の司会により、授業は進行しました。 授業は、各クラス単位で「木工教室(椅子作り)」を行いました。 手順と釘の打ち方などを説明した後、図工室内では、金槌を打つ音が響き渡りました。予定の授業時間で完成する児童、作業が思い通りに進まない児童等様々でしたが、木工作業を楽しみながら木の良さを感じてもらえたことと思います。 前田委員長から閉会挨拶の後、第34支部吉田理事から、締めくくりとして、木を使ったもの作りの楽しさについて触れ、自然素材であり循環型資源でもある木材の素晴しさを、今後も色々なもの作りを通じて体感してほしいとの挨拶がありました。 今後も、将来の木材需要の開拓に向け、こうした機会を通じて組合と木材利用のPRに努めていきたいと思います。(2014.1.8更新)                     (総務課 倉橋記)

    詳細はこちら

  • 東大阪市立小阪小学校・出前授業報告(2013.2.3更新)

    12月6日、東大阪市立小阪小学校にて出前授業を実施しました。 小学校の住所地が第27支部に該当することで、支部を代表し、㈲小阪木材店・山本哲司氏をはじめ、山本木材㈱山本富啓氏と㈱八重木材商会・根垣利八氏の3名が、当組合は、開発研究委員会から杢保委員長、兼田理事の2名が指導役となり、事務局職員とともに、組合及び木材利用の有効性をPRしました。 参加者は、6年生の児童計58名でした。 学校側から景山雅雄校長の挨拶、当組合から、杢保委員長の挨拶の後、事務局・倉橋の司会により、授業は進行しました。 授業は、DVD「木づかいで地球を救え!」の鑑賞、及び一班六人程度の10班で「樹種当てクイズ」を実施。 樹種当てクイズに挑戦 その後、「木工教室(椅子作り)」を行いました。 手順と釘の打ち方などを説明した後、教室内では、金槌を打つ音が響き渡りました。予定の時間を超過したものの、児童は木工作業を楽しんでいる様子でした。 ㈲小阪木材店・山本哲司氏から、締めくくりとして、生活の色々な場面で木材は利用されているが、我々木材流通業者も考えつかないような利用方法があればアンケート用紙に書いて提案してほしいとの主旨の挨拶がありました。 今後も、将来に向けた木材需要の開拓に向け、こうした機会を通じて木材利用の啓蒙に努めていきたいと思います。 (総務課 倉橋記)   (2013.2.3)

    詳細はこちら

  • 水都おおさか森林の市2013出展報告(2013.10.18更新)

     10月6日㈰、近畿中国森林管理局、毛馬桜之宮公園において、水都おおさか森林づくり・木づかい実行委員会(近畿中国森林管理局・大阪府・府木連他)主催で、「水都おおさか森林の市」が開催されました。  「森林の市」は今年で27回目となりますが、本イベントは、森林の恵みや木に触れながら森と人との繋がりを感じてもらい、森林の大切さ、林業の役割、農山村の現状について理解を深めることで、大切な森林を次世代に引き継いでいくことを目的としています。  今年の森林の市は、60団体から出展があり、当日はやや蒸し暑い日差しの下、来場者数は約1万人を記録しました。  今年もバラエティーに富んだ出展団体が並び、森林の環境保全についての展示や木製品や地域の特産品の展示・販売。また、自然素材を使ったクラフト教室や学生による子ども向け遊びコーナー、丸太切り体験など多彩な催しが繰り広げられていました。  会場を盛り上げるプログラムも、キッズボートやドラゴンボート乗船体験など大人気でした。  当組合は、毎年好評の「親子木工教室(椅子作り)」や「樹種当てクイズ(正解解答数に応じて景品をプレゼント)」を実施する出展内容でした。      多くの来場で賑わった組合テント  当日は幹部をはじめ、本イベントへの出展と企画を担当する開発研究委員の方々や有志役員・組合員の協力も得て、成功裏に終えることができました。特に「親子木工教室」では、毎年訪れるリピーターの方もおり、イベントの最中は列ができるなど多くの人が訪れ、組合テントの中は木工キットがなくなるまで金槌を打つ音が鳴り響きました。  森林の市は毎年出展する木材PRイベントですが、本イベントは一般消費者と接することで、潜在的な木材需要を開拓する貴重な機会です。子どもと大人が一緒になって楽しい体験を通じて木の良さを感じていただき、将来的な木材利用の拡大に向けてPRすることの重要性を再認識することができました。 (総務課 倉橋 記)(2013.10.18更新)

    詳細はこちら

  • 水都おおさか森林の市2012出展報告(2012.11.01更新)

    10月7日㈰、近畿中国森林管理局、毛馬桜之宮公園周辺において、水都おおさか森林の市実行委員会(近畿中国森林管理局・大阪府・㈳大阪府木材連合会他)主催で、「水都おおさか森林の市」が開催されました。 「森林の市」は今年で26回目となるものですが、本イベントは、森林の恵みや木にふれあいながら森と人とのつながりを感じてもらい、森林の大切さ、林業の役割、農山村の現状について理解を深めることで、大切な森林を次世代に引き継いでいくことを目的として、木製品の展示・販売、地域の特産品などの試食・販売、木工工作などの体験コーナーなど、親子で楽しめる催し物が盛り沢山に用意されています。今年の森林の市は、58団体から出展があり、当日は天候に恵まれ穏やかな陽光の下、来場者数は約一万人を記録しました。  今年もバラエティーに富んだ出展団体が並び、森林の環境保全についての展示や木製品や地域の特産品の展示・販売。また、自然素材を使ったクラフト教室や小さな子どもが木と触れ合う木のおもちゃのコーナー、丸太切り体験など多彩な催しが繰り広げられていました。 多くの来場で賑わった子ども木工教室 会場を盛り上げるプログラムも、スタンプラリー(苗木、木製品をプレゼント)などのほか、キッズボートやドラゴンボート乗船体験も大人気でした。当組合は、昨年度から企画した、組合員の方々に出品いただいた木工作品の展示・販売をはじめ、毎年好評の「子ども木工教室(椅子作り)」や「樹種当てクイズ(正解解答数に応じて景品をプレゼント)」を実施する等盛り沢山な内容でした。  当日は幹部をはじめ、本イベントへの出展と企画を担当する開発研究委員の方々や有志役員の協力も得て、成功裏に終えることができました。  「子ども木工教室」では、毎年木工体験を期待し訪れてくれるリピーターの方もおり、また、今年度は組合のテントがイベント会場の入口近くに配置されていたこともあってか、非常に多くの人が訪れ、長い行列ができ、工作をする子どもたちだけでなく、順番を待っているたくさんの子どもたちからも強い熱気が感じられました。  一方、木工作品の展示・販売や樹種当てクイズにも多くの来場があり、木でできたおもちゃや雑貨を手にして買い物を楽しむなど大人から子どもにまで好評であったように思いました。   木工作品の展示・販売の様子 今回のイベントでは、一般消費者と接する中で木に対する正しい知識や特長を伝える機会の必要性を再認識しました。「スギの木?あぁスギ花粉の…」、「節はなぜ木にできるの?…」など、対話の中で、子どもから大人まで様々な体験を通じて、木についての疑問点などに答えていく中で、こうした機会を通じて、将来的な木材利用の拡大に向けて、一般消費者に対して木の良さや正しい知識を地道に説明していくことが必要であることをより一層感じました。      (総務課 倉橋 記)(2012.11.01更新)

    詳細はこちら

  • 大阪市立苅田北小学校・出前授業報告(2012.8.2更新)

     7月19日、大阪市立苅田北小学校にて出前授業を実施しました。 組合ホームページにおいて、過去の出前授業の実績を報告しておりますが、その内容を同校の教員の方がご覧になったことをきっかけに、実施の希望を受けて、今回の開催に至りました。  当日は、小学校の住所地が第24支部に該当することから、支部を代表して、㈱東野材木店・東野社長と、当組合からは出前授業を所管する、開発研究委員会から杢保委員長、森下理事、兼田理事の3名が指導役となり、事務局職員とともに、児童に地域の材木屋さんの団体である当組合について、そして木材利用の有効性についてPRいたしました。  参加者は、4年生の児童計74名でした。授業の実施に際し、学校側から吉田典子校長の挨拶をいただき、当組合からは、杢保委員長の挨拶の後、事務局・倉橋の司会により、授業は始まりました。  当日の授業内容について概要説明を行った後、DVD「木づかいで地球を救え!」を鑑賞しました。続いて、一班6〜7人の12班での「樹種当てクイズ」を実施いたしました。     組合を代表して挨拶する     杢保委員長(上段 左から4人目)      木に触れて、       相談しながらクイズに挑戦!        児童は、5種類の樹種に触れ、匂いをかいで、互いに相談しながらクイズに解答しました。児童は色々な樹種に興味津々で、普段あまり目にすることのない自然の木の特徴を真剣に観察していました。  全ての班の解答完了を確認した後、倉橋から、正解発表と樹種の特徴を解説しました。答えを確認しながら、児童から歓声が聞こえ、驚くことに半数以上が全問正解という結果でした。  次いで、場所を移動して「木工教室(椅子作り)」を行いました。  各班につき、1名ずつスタッフがつき、スタッフの指導の下、作業を開始。「椅子作り」の手順と釘の打ち方などを説明した後、教室内では、児童の金槌を打つ音が響きわたりました。慣れた手で、次々に作業を進める児童、失敗し悪戦苦闘する児童と様々で、予定の時間を少し超過したものの、ほぼ全員の作品が完成しました。  東野社長から、締め括りとして、授業を通じて、児童に木の良さを伝えることの大切さと、授業の機会をいただいた同校の教員の方の前向きな姿勢に対する謝辞の言葉がありました。  今回も授業を通じて地球の環境を守るために適切に木を伐採して、森に手入れを施すことが大切であること、そしてそのためには、適切な木材利用が不可欠であることをPRいたしました。今後も、将来にわたる木材需要の開拓に向けて、青少年に対し、こうした機会を通じて木材の良さの啓蒙に努めていきたいと存じております。                                                                                                (総務課 倉橋記)(2012.8.2更新)

    詳細はこちら