今月の材木屋さん

第111回:有萬木材㈱ (寝屋川市豊里町15-8)(2015.6.5更新)

こんにちは! あなたの街の材木屋さんの桔平です。

今回は大阪府北部、京都府へも近距離に位置する寝屋川市にやってきました。
寝屋川市は市内を流れる淀川水系の一級河川・寝屋川が名称の由来であるように、川との関係が深い町です。市内北西部を流れる淀川は、古来、人や物資を運ぶ水上交通の動脈でしたが、よく洪水が起こり、古代から明治に至るまで川沿いに暮らす人々が苦しんできた歴史があり、近年でも集中的豪雨が発生すると、浸水被害がみられることから、河川の改修や遊水地の整備とあわせて、堤防や排水機場の施設の設置が行われてきました。
市内は、高度経済成長期に大阪、京都のベッドタウンとして発展した経緯があり、宅地の分譲が進んでいたことで住宅都市として多くの人が暮らしています。駅前や国道には大型の商業施設が、府道には大手の家電量販店がある一方で、市内には寝屋川公園や深北緑地など広大な公園も整備されており、府内では比較的緑に恵まれた環境といえる街です。
西区の組合事務所からは、高速道路を利用して40分程で今回の取材先に到着しました。お話をお伺いしたのは、社長の山口哲生さんです。それでは、早速、会社の歴史から順にご紹介いたします。

事業所外観 事務所外観

 

有萬木材さんの会社のルーツは、明治17年に遡り、和歌山県新宮市にて初代の山口定太郎さんが廻船を利用して木材と讃岐米を取扱う個人事業者として創業したことによります。昔でいうところの廻船問屋さんともいうべき事業形態だったのでしょうか。何か、歴史書や時代劇にでも出てきそうな言葉ですね。それから、昭和初期に2代目の山口清一さんにより山林業、製材業を開設し木材業者として事業拡大を進めました。昭和24年には三重県南牟婁郡鵜殿村において合資会社山口清商店として法人化すると同時に大阪市西区西長堀に大阪出張所を開設し、近郊の木材業者へ木材製品の販売を行う拠点とするなど、現在の会社事業の基礎がこの時期に確立されていきます。昭和29年には日本観光協会旅館「有萬」の経営に着手し、幅広い事業展開を進めていきます。その後、昭和37年には本社を大阪に移転し、同42年には合資会社有萬に社名変更。昭和48年に本社を現所在地である大阪府寝屋川市に移転し、3代目社長山口喜央さん(現社長の父)により販売先を建設会社に変更するとともに、分譲住宅事業を開始します。平成元年には、木材販売会社として有萬木材㈱を分離設立し、平成10年10月に4代目社長として山口哲生さんが就任され、現在に至ります。

それでは、ここで現社長個人についてのお話に移ります。
現社長の山口哲生さんは、昭和45年和歌山県新宮市生まれです。その後、会社のかつての本社所在地である大阪市堀江で育ち、地元の小中学校、大阪青凌高校を経て東海大学に入学。卒業後、大手住宅メーカーで約4年間営業職を経験された後、家業に戻られました。社長さんの要望により残念ながら顔写真の紹介はできませんが、長身で爽やかな印象の方です。また、山口社長自身、大阪木材業界における青年経営者の総合団体である大阪木材青年経営者協議会(通称:大青協)の前会長(平成26年度)であることから、当日は木材業界や大青協のことなど様々な情報交換をすることができ、私個人にとっても有意義な時間を過ごすことができました。
なお、座右の銘は「吾唯足知(われ、ただ、たるをしる)」で、この言葉は自分の身分をわきまえて、貪りの心を起こさぬこととの意味とお聞きしましたが、山口社長はお客さんやお取引先に対して常に感謝の気持ちをもって、身の丈に合った経営を心掛ける考えをお持ちの慎重派タイプな方です。

有萬木材さんは、一般建築用木材、新建材、住宅設備機器を建築会社、工務店、リフォーム会社等へ販売することが主な事業の材木屋さんです。「当社は、ジャストインタイムの配送力を持って商品の納期を厳守し、また、クレーム発生時の対応についても迅速であるよう日々心掛けています」と会社の特色について語る山口社長。また、「衣・食・住の分野で消費者にとって一番高額な買い物とされる住に携わる職業に感謝しており、木材販売について自信と誇りを持って基本を忘れず営業活動を継続していきたい」と木材販売業について今後の抱負を述べる山口社長。

事務所内の様子

最後に会社のPRです。有萬木材では、常に変化していく消費者ニーズや環境にいち早く対応ができるよう、木材をはじめとする住宅資材流通の合理化、システム化を推進させた上で、地球環境やお客さまに独自の貢献ができる企業になれるべく「積極的堅実主義の精神」で邁進して参りたいと考えております。 自然素材としての木の持つ調湿効果、断熱性、においによるダニの繁殖抑制、フィトンチッドによる精神安定効果など住宅において木材を使用することは住む人にとって良いことばかりです。そして、その良さを一番知っているのは、木材の専門家である地域の材木店です。 建築関係の方はもちろん、日曜大工向けの木材やベニヤなどについても、数量にかかわらずご相談に応じます。また、木材加工にも対応可能ですので、木材製品の販売や加工のことなどご要望がありましたら一度ご相談下さい。 山口社長、長時間の取材にご協力いただき誠に有難うございました。(2015.6.5更新)

 

有萬木材㈱
〒572-0071
寝屋川市豊里町15-8
TEL 072-832-4141
FAX 072-832-3711
会社の詳しい情報はこちらHPはこちら

終わりに
組合ではホームページ「今月の材木屋さん」のコーナーにおいて、組合員事業所を随時紹介していく予定です。この機会に自社のPRをお考えの組合員の方は組合事務局までご連絡いただきますようお願い致します。