基礎駆体工事報告(2012.9.4更新)

前回の杭打ち工事報告から約1ヵ月が経ちました。

仲買会館新築工事は現在、基礎駆体工事の終盤に差し掛かったところです。

基礎工事は8月中旬頃から始まり、基礎鉄筋配置作業、次に生コン(生コンクリート)がもれないように型枠工事を行い、枠が完成すると、今度は8tポンプ車と大型生コン車を使い、生コンを流し込み基礎が作られていきます。

  ① 鉄筋工事   ② 型枠工事

 

今回、新会館の基礎工事で使用した生コンはなんと60台分!!凄い量です。そのため、西側と東側で分け2日がかりで作業されていました。

 
  ③ 生コン投入  

 

生コンを流し終えた後、コンクリートが固まるまで時間を置き、十分に待った後、型枠を外していきます。

 
  ⑤ 型枠を外しコンクリート打設の完了です  

 

次回の更新では、1階床駆体工事、1階地上駆体工事の現場報告を予定しております。