解体工事報告②(2012.6.6更新)

安全祈願祭を終えこれまでの間に、足場養生を組立て、工作物等を建物から撤去する作業が行われてきました。

工作物等とは、建物本体から手作業で撤去できるもので、窓ガラス・サッシ・畳・建具・石膏ボード・断熱材・不用品・設備機器等のことをいいます。

そして、次の工程である建物本体の解体のため、今月4日に大型重機が搬入され、翌日5日には本格的に建物の解体がスタートしました!

今後、壁、屋根、梁、柱など残った上屋を解体し、基礎を掘り起こし、撤去する作業へと移ります。

この作業中は、防塵のため常に水をまきながらの作業となります。

工事期間中は近隣の皆様にご不便、ご迷惑をおかけしますが、ご協力の程よろしくお願いいたします。